追い越しは、文字通り前の車を追い抜くことです。 これはどこの道路でもやっていいのかといいますと、そうではないです。 主要道路で充分追い抜くことが出来る幅のある道路で、白い点線が書かれている道路でやねのは道路交通法では問題ありません。 ウィンカーを出して、後方の安全確認と対向車がいないことを確認した後に、右側車線を充分な速度を出して通行して前方の自動車を追い抜きます。 前方の自動車を追い抜いた後にウィンカーを出して、左側車線に戻る。 こんな感じで追い抜きはやりますが、二重追い抜きは禁止されています。これは、前方の自動車が右ウィンカーを出していて車線変更しようとしている時に自車も同じように右側車線に出てはいけないことです。 黄色い線が描かれている道路と追い抜き禁止の道路標識が出ている道路では、原則的に追い抜き行為はできません。

行き違いは、幅員が狭い道路で対向車を先に行かせて、そのあとに自車が走行する事です。 最も狭い道路で充分にお互いが通行できないと判断した場合は、必然的にこの行為に出ます。 やり過ごすために止まる場所も、それなりに広い場所で待つのが大事です。そうでもしないと、対向車にぶつけられたりこすられたりする危険性があります。000829