日本という国は、比較的道路の舗装率が高い国であります。
しかも、比較的道路の幅も広く取られているケースが多いので、片側一車線であっても、かなりそのパーセンテージは高いものです。
しかし、全ての道がそうとも限りません。
能動であったり、あるいは峠道などでは、片側一車線が確保されず、車1台分くらいの道幅しかない道路もあります。
特に峠道となりますと、高低差が激しいもの。
そんなときに、両方から車が鉢合わせとなったときには、どちらの車が優先されるのでしょうか。
そういったときに優先されるのは、上っていく車です。
では下っていく車はどうすればいいのかというと、路側帯などに退避をするなどしなければなりません。
これは足で山登りをするのと同じ理由です。
山登りの登山道で、上りの人と下りの人が鉢合わせになったとき、登っていく人を優先させます。
それは、登っていく人は下っていく人よりも大変だからです。
それと同じように、車の運転も下っていくよりも上っていくほうが大変です。
下って行く分には、アクセルを踏まなくても進みますが、上っていく場合アクセルを踏まないと、下がっていってしまいます。
坂道発進が大変なことは、教習所で体験した方も多いでしょう。

車で路上を走行している場合、常に自車線、対向車線共にスムーズに走行ができるという訳ではありません。
時には路上に障害物が存在するケースがあります。
例えば路上駐車している車がいる場合、対向車線から車が来ない場合には安全の為にも大きく避けて走行する事になりますが、もし対向車線から車が来た場合、無理に自車が路上駐車をしている車を避けて走行するのではなく、まずは対向車線の車から通過させる事が大切になります。
路上駐車が存在する場合、尚且つ対向車が来ている場合に無理に先に行こうとすると対向車線の走行を妨げてしまう事になりますので注意が必要です。
また、路上駐車の車を避ける場合、時には陰から自転車や歩行者などが飛び出してくる事もあります。
そういった突発的な事態を安全に回避できなくなってしまう恐れもありますので、状況を見てベストな行動を取る事が大切になります。
路上駐車の車の場合ですと、停車しているという事もあり、タイミングを見て通過する事で安全に抜ける事ができますが、自転車などを追い抜く際には、また違った点に注意しなければいけません。
自転車も前進していますので、対向車線の車との距離が十分に開いているのをしっかりと確認してから抜かないと安全に抜き切れない恐れがあります。

車を道路上で運転して行く上では、みなさんも安全運転に徹していることでしょう。もし接触事故を起こしてしまいますと、相手の方に対しても被害が出てしまいますし、自分自身にも嫌な思いが残ってしまうものです。交通事故はできるだけ起こさないように、では認識不足と言えるのです。絶対に起こしてはいけないものと考えて運転をしていくことが必要となるのです。
交通事故を避けるために多くのドライバーは色々な工夫を凝らして運転をしているのです。基本的には速度は控えめに、そして車間距離は多めにということになります。まずはこのようなことをしっかりと実践できるように運転をしていけば良いでしょう。それが習慣的になりますと、更にそこから踏み込んだ注意点へと意識を持っていくことが良いのです。
気をつけるべき点は非常に多くあるものですが、その中の一つとして側方間隔をしっかりと取ることが挙げられます。これは側方に対する注意を払うということにつながり、非常に重要な考え方になるのです。横方向にあるものとして、対向車や歩行者、或いは自転車についても同じ考え方を適用できます。また駐車車両に接触させるケースも多くありますので、これに対しても距離を保持するように努めて下さい。

車には様々なスピードが存在をします。
速い車もあれば遅い車もあります。
速い車の前に遅い車があれば、速い車は遅い車を追い越そうとします。
ではその際、どのように追い越しをすればいいのでしょうか。
まずは、2車線以上ある道路の方法です。
遅い車は大概、車線の左側を走っております。
その車を追い越すときには、右側から追い越すことになるのですが、そのときに右側のウィンカーを出して追い越すのです。
もちろん、右側の安全確認をすることは言うまでもありません。
次に、片側1車線の場合です。
これは、道路状況によってケースが異なります。
道路の中央に黄色いラインが引いてある場合、このラインをはみ出して追い越すことは禁止されております。
そういった場合には、はみ出さないように追い越すことを心がけましょう。
また、追い越すことができないケースというのは、他にも存在します。
それは、スクールバスなどです。
親御さんのいるところにスクールバスが到着すると、スクールバスは止まります。
それを追い越そうとする気持ちは分かりますが、スクールバスでお子さんが乗降している間というのは、追い越すことは禁止されているのです。
これは、車の陰からお子さんが飛び出す可能性があるからです。

普段の私たちの生活の中で、道路を利用することが多くあります。それは殆ど毎日利用すると考えても良いくらいに、頻繁に利用することになるでしょう。それだけ道路というものは日常生活上必要となる社会基盤であると考えられます。
このような道路を、私たちは普段どのような立場で利用しているのでしょうか。それはその方の生活スタイルによって大きく変わってくるものです。乗用車に乗って利用する方、自転車に乗られる方、或いは歩行者という立場で利用される方も多くいらっしゃいます。このように立場の違いもあるということは、それぞれにおいて気をつけるべき点も大きく違ってくることになるのです。
特に乗用車で道路を通行する場合は、より一層の注意が必要となるでしょう。ルールとして決められていることや、禁止されていることも多くあります。その中で、道路の右側へのはみ出し追い越しが禁止されていることがあります。道路の中央線が黄色の実践で書かれてある場所がそれに該当するもので、普段からよく目にする光景でもあるでしょう。そこで注意して頂きたいことがあります。それは追い越しの対象となるものが自転車にまで及ぶという点です。軽車両となる自転車も、右側にはみ出して追い越してはいけないのです。

速い車の中には、積極的に追い越しをしていく車もあります。
しかし、道路の中には、追い越しを禁止している場所というのがあります。
まずは、追い越し禁止の標識がある場所です。
看板では、赤い丸縁取りがされており、赤い斜線が引かれております。
その中には矢印で追い越すことをしまえうマークが書かれており、これが追い越し禁止となります。
道路には、黄色いセンターラインが惹かれており、これが追い越し禁止です。
こういったものがない場所であっても、追い越しを禁止している場所はあります。
坂は追い越しが禁止されております。
急坂の場合、途中に退避場所があり、遅い車はそこに退避をして後ろの車を先に行かせます。
トンネルも追い越しは禁止されております。
ここはそもそも、車線が片側1車線しかないようなところが多く、あるとすれば高速道路くらいです。
だとしても、中はとても暗いので危険です。
そして、踏み切りでも追い越しは禁止されております。
踏切りで仮に追い越しをかけたとすると、対向車がびっくりして向かって右側によけようとします。
すると、対向車の左タイヤが脱輪してしまう可能性があるのです。
そもそも、踏み切りの幅もそれほど広いものではありません。

自動車の走行中に前方を走行している自動車を追い越しすることが必要になるシーンがあります。例えば制限速度よりも、かなりの低速で走行している自動車や、道路脇の施設などに入るために、左折を行う準備に入っている自動車を追い越すこともあります。1車線の道路でも、追い越し禁止区間ではない限り、右側にはみだして追い越しを行うことは可能とされていて、2車線以上の道路の場合では、左側から追い越しを行うことについては問題視されることはありません。しかし、中には二十追い越しとなっている状況の場合では、追い越しが禁止されているために注意することが必要になります。例えば前方を走行している自動車が左側から追い越しを始めた場合では、そのままの状態を維持することが求められていて、さらに左側から追い越しを行うことは禁止されています。この内容は常に安全運転を行うために設けられているルールになり、しっかりと守ることが必要になります。ただし、例外として前方を走行している自動車が原動機付き自転車などを追い越そうとしている場合では、同じように後部から追走する形で追い越しを行うことは認められています。尚、右側からの追い越しに関しては認められていないために、常に注意しなければならない項目となります。

自動車運転用語には似たようなものがいくつかありますが、その中の一つが追い越しと追い抜きのです。言葉こそ似ていますが、この二つの違いは明確です。
追い越しは、前方を走っている車に追い付いて、車線を変更、もしくはセンターラインを越えて前方に出ることを指します。そのため、ハンドル操作、ウィンカー操作が必要です。
もう一方は、元から別の車線にいることが前提となっており、前方にいる車に追い付いて、そのまま前方に出ることを指します。この場合は、ハンドル操作やウィンカー操作は必要ありません。
どちらも前方の車が走行中であることで成立するもので、例えば、停車中の車や駐車中の車を避ける時にはこのような表現はされません。
また時に追い越しは禁止される場面があります。
それは前の車がその前の車を追い越そうとしている時、前の車が曲がり角で進路変更をしようとしている時、追い越そうとする時に対向車の進行を妨げるような時です。
また標識によって追い越しが禁止されていることもあります。
道路の曲がり角付近や勾配の激しい道路、トンネル、交差点や横断歩道付近などです。
無理な追い越しは重大な事故を招く結果になりかねませんので、慎重に行うようにしましょう。

車を運転している時に、前の車を追い越すことはよくありますが、追い越しが禁止されている状況や場所があります。基本的にセンターラインが黄色い道路での走行中に前の車などを追い越すことは出来ないと認識されていますが、原付などを追い越す場合は可能で、センターラインより右にはみ出て追い越すことはいけないとされています。
標識も車が運転中に追い越すことが禁止されている意味合いがありますが、この場合標識の下に言葉で指示がある場合は追い越すことは出来ませんが、言葉のない標識の場合は右側部分にはみ出て走行してはいけないが追い越すことは可能であるという意味になります。
標識がある以外に道路の形状や状態で前の車を追い越すことが出来ないところがあります。交差点や踏切、横断歩道などがある場所の手前30m以内では車を追い越すことは出来ません。また上り坂の頂上付近や、こう配の急な下り坂、トンネル内で車両通行帯のない道での走行においても、車を追い越すことは出来ません。車を追い越そうとした場合、これらの場所では危険な状況となりますので、前の車を追い越すことも困難な状況でもあります。また前の車がその前の車を追い越そうとしている時に2重に追い越そうとすることや右折のために右に寄っている車を追い越すことも出来ません。