自動車の走行中に前方を走行している自動車を追い越しすることが必要になるシーンがあります。例えば制限速度よりも、かなりの低速で走行している自動車や、道路脇の施設などに入るために、左折を行う準備に入っている自動車を追い越すこともあります。1車線の道路でも、追い越し禁止区間ではない限り、右側にはみだして追い越しを行うことは可能とされていて、2車線以上の道路の場合では、左側から追い越しを行うことについては問題視されることはありません。しかし、中には二十追い越しとなっている状況の場合では、追い越しが禁止されているために注意することが必要になります。例えば前方を走行している自動車が左側から追い越しを始めた場合では、そのままの状態を維持することが求められていて、さらに左側から追い越しを行うことは禁止されています。この内容は常に安全運転を行うために設けられているルールになり、しっかりと守ることが必要になります。ただし、例外として前方を走行している自動車が原動機付き自転車などを追い越そうとしている場合では、同じように後部から追走する形で追い越しを行うことは認められています。尚、右側からの追い越しに関しては認められていないために、常に注意しなければならない項目となります。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。