車には様々なスピードが存在をします。
速い車もあれば遅い車もあります。
速い車の前に遅い車があれば、速い車は遅い車を追い越そうとします。
ではその際、どのように追い越しをすればいいのでしょうか。
まずは、2車線以上ある道路の方法です。
遅い車は大概、車線の左側を走っております。
その車を追い越すときには、右側から追い越すことになるのですが、そのときに右側のウィンカーを出して追い越すのです。
もちろん、右側の安全確認をすることは言うまでもありません。
次に、片側1車線の場合です。
これは、道路状況によってケースが異なります。
道路の中央に黄色いラインが引いてある場合、このラインをはみ出して追い越すことは禁止されております。
そういった場合には、はみ出さないように追い越すことを心がけましょう。
また、追い越すことができないケースというのは、他にも存在します。
それは、スクールバスなどです。
親御さんのいるところにスクールバスが到着すると、スクールバスは止まります。
それを追い越そうとする気持ちは分かりますが、スクールバスでお子さんが乗降している間というのは、追い越すことは禁止されているのです。
これは、車の陰からお子さんが飛び出す可能性があるからです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。