自動車運転用語には似たようなものがいくつかありますが、その中の一つが追い越しと追い抜きのです。言葉こそ似ていますが、この二つの違いは明確です。
追い越しは、前方を走っている車に追い付いて、車線を変更、もしくはセンターラインを越えて前方に出ることを指します。そのため、ハンドル操作、ウィンカー操作が必要です。
もう一方は、元から別の車線にいることが前提となっており、前方にいる車に追い付いて、そのまま前方に出ることを指します。この場合は、ハンドル操作やウィンカー操作は必要ありません。
どちらも前方の車が走行中であることで成立するもので、例えば、停車中の車や駐車中の車を避ける時にはこのような表現はされません。
また時に追い越しは禁止される場面があります。
それは前の車がその前の車を追い越そうとしている時、前の車が曲がり角で進路変更をしようとしている時、追い越そうとする時に対向車の進行を妨げるような時です。
また標識によって追い越しが禁止されていることもあります。
道路の曲がり角付近や勾配の激しい道路、トンネル、交差点や横断歩道付近などです。
無理な追い越しは重大な事故を招く結果になりかねませんので、慎重に行うようにしましょう。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。