速い車の中には、積極的に追い越しをしていく車もあります。
しかし、道路の中には、追い越しを禁止している場所というのがあります。
まずは、追い越し禁止の標識がある場所です。
看板では、赤い丸縁取りがされており、赤い斜線が引かれております。
その中には矢印で追い越すことをしまえうマークが書かれており、これが追い越し禁止となります。
道路には、黄色いセンターラインが惹かれており、これが追い越し禁止です。
こういったものがない場所であっても、追い越しを禁止している場所はあります。
坂は追い越しが禁止されております。
急坂の場合、途中に退避場所があり、遅い車はそこに退避をして後ろの車を先に行かせます。
トンネルも追い越しは禁止されております。
ここはそもそも、車線が片側1車線しかないようなところが多く、あるとすれば高速道路くらいです。
だとしても、中はとても暗いので危険です。
そして、踏み切りでも追い越しは禁止されております。
踏切りで仮に追い越しをかけたとすると、対向車がびっくりして向かって右側によけようとします。
すると、対向車の左タイヤが脱輪してしまう可能性があるのです。
そもそも、踏み切りの幅もそれほど広いものではありません。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。