車で路上を走行している場合、常に自車線、対向車線共にスムーズに走行ができるという訳ではありません。
時には路上に障害物が存在するケースがあります。
例えば路上駐車している車がいる場合、対向車線から車が来ない場合には安全の為にも大きく避けて走行する事になりますが、もし対向車線から車が来た場合、無理に自車が路上駐車をしている車を避けて走行するのではなく、まずは対向車線の車から通過させる事が大切になります。
路上駐車が存在する場合、尚且つ対向車が来ている場合に無理に先に行こうとすると対向車線の走行を妨げてしまう事になりますので注意が必要です。
また、路上駐車の車を避ける場合、時には陰から自転車や歩行者などが飛び出してくる事もあります。
そういった突発的な事態を安全に回避できなくなってしまう恐れもありますので、状況を見てベストな行動を取る事が大切になります。
路上駐車の車の場合ですと、停車しているという事もあり、タイミングを見て通過する事で安全に抜ける事ができますが、自転車などを追い抜く際には、また違った点に注意しなければいけません。
自転車も前進していますので、対向車線の車との距離が十分に開いているのをしっかりと確認してから抜かないと安全に抜き切れない恐れがあります。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。